dTVはドコモユーザー以外も使える格安VOD(動画配信)サービス!


アイコスでも吸えます!定期購入で割引!

 

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

映画やドラマをサクッと簡単に観たいときに便利なのがVOD(動画配信)サービスですが、特に【U-NEXT】 【Hulu】 は有名だと思います。

今では数多くのVODサービスがありますが、月額料金が圧倒的に安く、見放題作品も自由に視聴できるサービスをご存知でしょうか?

それは、エイベックス通信放送が運営している「dTV」です。

月額料金が格安でコスパの高いdTVですが、お試しの「無料体験」も利用できるので、興味のある人は早速試してみてください。


dTVとは?

dTVを運営しているのはエイベックス通信放送ですが、提供はご存知「docomo(ドコモ)」となっています。

以前は「dビデオ powered by BeeTV」という長いサービス名でしたが、2015年4月からは現在の「dTV」という名称に変更。

国内でもかなりコスパの高いVODサービスとなっています。


dTVはドコモ以外のユーザーでも利用可能!

元々はドコモユーザー「限定」のVODサービスでしたが、2014年4月からは誰でも利用することが可能になっています。

ドコモ以外のユーザーでも「dアカウント」を発行するだけでOK。

例えドコモのケータイ回線を持っていなくても、誰でも簡単にdTVのサービスを利用することができます。


dTVの月額料金は格安!

dTVの月額料金は500円(税別)とかなり格安。

同じくらいの月額料金で利用できるVODサービスにはKDDIが運営する【ビデオパス】 や、【ビデオマーケット】のプレミアムコースがあります。

とはいえ、ビデオパスは動画作品が少なめで、ビデオマーケットのプレミアムコースでは見放題作品を無料で視聴することはできません。

ワンコインという格安な月額料金で、多くの見放題作品を自由に視聴できるVODサービスは間違いなくこのdTVだけ。

31日間の無料体験が終了しても、月額料金はたったの500円なので、そのまま継続して動画視聴を楽しむのもオススメです。

dTVのメリットは?

dTVのメリットを簡単に解説すれば、

dTVのメリット
・月額料金が格安
・見放題作品が多い
・加入期間に応じた特典がある
・専用アプリが使いやすい
・オリジナルコンテンツが豊富

などがあげられます。

やはり、dTVの1番のメリットはそのコスパの高さかもしれません。

それに加えて、dTVにしかないオリジナルコンテンツもかなり豊富で、専用アプリからでもスムーズに視聴することができます。

dTVのデメリットは?

dTVのデメリットを簡単に解説すれば、

dTVのデメリット
・動画の画質が少し悪い
・同時再生は不可
・映画作品は少なめ
・決済方法が少ない
・アダルト作品はなし

などがあげられます。

dTVは見放題作品の総本数はかなり多めですが、最新映画やドラマなどの作品は少なめかもしれません。

アダルト作品の取り扱いもゼロなので、エロ動画が必須の人には【U-NEXT】 【TSUTAYA TV】 などのサービスもオススメです。

dTVのオリジナルコンテンツ

dTVには数多くの見放題作品がありますが、オリジナルのドラマやバラエティも豊富なラインナップになっています。

個人的には松坂桃李や沢尻エリカといったイケメン美女が多数出演している、dTVオリジナルドラマの「不能犯」が楽しめました。

オリジナルのバラエティ番組では、セクシー女優との絡みも楽しい「ゴッドタン dTVオリジナル」がオススメです (笑)

まとめ

今回はdTVのメリット・デメリットなどの特徴を紹介してきました。

月額料金はたったの500円(税別)です。

dTVのコスパの高さは、国内のVODサービスではトップクラスなのは間違いありません。

家でゆっくり映画やドラマを観たいときにはもちろんのこと、ちょっとした隙間時間にも最適なサービスになると思います。

サービスが合わなければすぐに解約することもできるので、まずは31日間の無料体験だけでも試してみてはどうでしょうか?

 

本格的に映画や海外ドラマをガッツリ楽しみたい人は、【U-NEXT】 【Hulu】 を無料体験してみるのもオススメです。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^


超高濃度60%のCBDが登場!

アイコスでも吸えます!定期購入で割引!