こんにちは、サングラスは顔の一部のヨースケ(@YoSK8)です。

僕はサングラスが大好きで車の運転中などはもちろん、いちファッションアイテムとしても必需品になっています。

様々なサングラスを所有していますが、物によってはそのままかけるとかなりマヌケな感じになる場合もあるわけで (笑)

そうなる原因はやはり、サングラスから眉毛がガッツリはみ出ることにあると思います。

僕は外国人のような彫りが深い顔でもなく、目と眉毛の距離が少し離れ気味 (笑)

なので、サングラスをかけると眉毛がはみ出てしまうことがほとんどですが、その対策として愛用しているのが「セルシールU」という商品です。

 

セルシールUとは?


このセルシールUは株式会社ハセガワ・ビコーが製造していて、メーカーサイトにもある通り

プラスティックフレームのメガネやサングラスの
鼻パッドに貼るシリコーン製シール

・ズレ防止はもちろん鼻の高さ、鼻幅調整にも
 効果抜群。
・肌に安心なシリコ―ン製。ソフトなフィット感で
 鼻の痛みもなく滑りにくい。

といった商品。

これを鼻パッドに付けることで鼻盛り感がアップするので、サングラスの位置が少し高くなり眉毛も隠すことが可能になります。

場合によっては完全に隠れないこともありますが、眉毛との間隔はだいぶ縮まるはず。

セルシールUの縦の長さは19mmで、厚さのバリエーションは4種類。

 
セルシールM(ミニ)という姉妹品もあって、セルシールUとの違いは縦の長さが15mmと少しだけ短く、厚さは全部で3種類あります。
 

 
 
なので、大きめのサングラスやガッチリ鼻盛り感を出したいときはセルシールU。

 
小さめのサングラスやあまりシールを目立たせたくない場合はセルシールMを選ぶのがオススメです。
created by Rinker
ハセガワ・ビコー
¥300 (2018/09/27 00:37:21時点 Amazon調べ-詳細)
 
基本的に僕はセルシールMを愛用中。

もちろん鼻盛りとして使うだけではなく、メガネのズレ落ちを防ぐためにも最適です。

セルシールUのデメリットは?


セルシールUのデメリットとしてはコスパが少し悪いところかもしれません。

基本的に貼り直しができないので使えるの1回だけ。

ほとんどの眼鏡店でも取り扱っていると思いますが、定価で購入すると600円くらいにはなってしまいます。

でも、ネットショップであれば半額の300円ほどで販売されているので、購入するならネットの方が確実にお得です。

ぶっちゃけ300円でも少し高いかな?って感じもありますが、 サングラスが似合う男になってモテるためならお安い買い物のはず (笑)
レンズにまつげが当たって困っている女性にもオススメです。

セルシールUを活用すれば眉毛が隠れていい感じに!


僕はレイバンのサングラスが大好きでモデル違いで数本所有しています。

レイバンなら日本人の顔にフィットするように作られている「RB2140-F」が合わせやすくてオススメ。

created by Rinker
Ray-Ban(レイバン)
¥10,000 (2018/09/27 00:37:22時点 Amazon調べ-詳細)
 
ただ、レイバンのサングラスは少し眉毛がはみ出るようなモデルが多く、むしろそうなることが一般的です。

阿部寛のような外国人系の彫りが深い顔で、目と眉毛の間が狭いような人であればそのまま掛けても特に違和感はありません。

だがしかし、僕のような「平たい顔族」の人間は余分に眉毛がはみ出てしまうため、どうしてもマヌケな仕上がりになってしまうわけで (笑)

 
もちろん眉毛が出ようが出まいがイケメン美女なら普通に似合ってしまうのも事実。

とはいえ、顔面偏差値が平均的な人がサングラスをオシャレにかけこなすには、眉毛のはみ出し具合はかなり重要なポイントです。

僕はほとんどのサングラスにセルシールU(M)を使用して眉毛をいい感じに隠しているので、それなりに格好良くかけこなせているという自負はあります。

そのためか、サングラスを掛けていればキムタクっぽいなんて言われることもちょいちょいあったりするわけで (笑) 

なので、似合うサングラスが見つからないと嘆いていた人や、平たい顔族の人はとりあえず鼻盛りをつけて眉毛をなるべく隠すようにしてみてはどうでしょうか?

なるべく眉毛を隠すだけで、今まで似合わないと思っていたサングラスも案外シックリくるかもしれません。

まとめ

ということで、今回はセルシールUという商品を紹介してきました。

眼鏡店などでも鼻盛り加工はやってますが、自分で手軽に調整したい人にはセルシールUとセルシールMがオススメです。

オススメはしているものの、ぶっちゃけ早く百均で類似品が発売されないかな〜?と期待している僕でした (笑)
 
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^

オススメの記事