いざブログを始めてみたものの、「特化型」でいくのか「雑記型」でいくのか…方向性に迷う人も多いはず。
一般的には、稼ぎやすいのが特化型、続けやすいのが雑記型と言われています。
僕は特化型を目指してブログを始めてみたものの、すぐに挫折して雑記型へと転向しました (笑)
今回は、特化型・雑記型ブログのそれぞれの特徴について書いていきます。

 

雑記型ブログ

雑記型のメリットは?

まず雑記型ですが、1つのテーマにこだわらずに自分の書きたいことを好きなように記事にしていくブログです。
なので1つのブログの中に、
日常生活・自己啓発・スピリチュアル・ビジネス・旅行・食事・育児・ショッピング・不満・怒り・下ネタ・・・etc
様々なジャンルの記事を好き勝手に書いていくことが可能。
記事を自由に書けるっていうことは、記事ネタに困る事がありません。
テーマやジャンルにもとらわれないので、老若男女の様々なユーザーからのアクセスが集まりやすいという特徴もあります。
これらが雑記型ブログのメリットです。

雑記型のデメリットは?

アクセスが集まりやすいってことは、収益にもつなげやすいってことじゃん!と、僕のように思った人もいるはず。
残念ながら、ブログで稼ぐことはそう単純なものでもないみたいッス・・・(笑)
雑記型ブログはアクセスは多いものの、ユーザーに「統一性」がありません。
つまり、様々な目的を持って訪問するユーザーが多いので、どんな悩みがあって何を必要としているのかが見えにくいということ。
つまりアフィリエイトをするにも、どんな商品を扱えばいいのか把握しにくいわけで。
そうなると、アドセンスなどのクリック報酬型の広告を設置するのが基本になります。
ただアドセンスのクリック率は1%前後と言われていて、例えば10000人がブログに訪問してくれたとしても、そこでやっと1000円の報酬が発生・・・。
そんなシビアすぎる世界です (笑)
ということで、雑記型ブログはアクセスは集めやすいけど収益性は低いということになります。

特化型ブログ

特化型のメリットは?

特化型は専門ブログとも言われ、ある1つのテーマに特化したサイトのことです。
テーマが1つに絞られているため、雑記型ブログに比べるとアクセスは少なめ。
なのになぜ特化型ブログの方が稼げると言われているのか?
それは、ブログに訪問するユーザーの目的がはっきりしているので、アフィリエイトする商品の選定がしやすく購入もされやすいからです。
専門的なテーマを扱うため、ファンになってくれるコアなユーザーが増えやすいのも特徴。
なので、アクセス数は少なくてもアクセスの「安定」はしやすいと言われています。
Googleは専門性が高く情報価値のあるサイトを上位表示させているので、SEOにも効果的というメリットもあります。

特化型のデメリットは?

先にも少し書きましたが、テーマが絞られているためアクセスは集まりにくいというデメリットがあります。
さらに言えば、テーマがマニアックすぎると、ほぼアクセスゼロのゴーストブログになる危険性も・・・ (笑)
そして、扱うテーマについての知識や経験がある程度なければ、途中で「ネタ切れ」になる可能性もあります。
これだけの情報が溢れかえっているネットの世界で、他のライバルよりも自分が得意とするテーマがあるかどうか・・・。
はい、僕にはないです (笑)
今はまだ未熟でも、今後そのテーマについてガッツリ勉強していけるかどうか・・・。
はい、面倒くさいです (笑)
僕はここで特化型ブログを諦めました (笑)
続けてナンボのブログなのに、テーマを1つに絞ることで途中で飽きてしまったり、記事を書くことが苦行になりそうだったので。
やっぱり何事も楽しくなければ続かないと思います。

まとめ

・雑記型ブログの特徴は、記事ネタに困らずアクセスもあるが収益は少ない。
・特化型ブログの特徴は、収益は期待できるがアクセスが少なく記事ネタに困ることもある。
・成功パターンも人それぞれなので、自分に合ったブログ運営をしていくのがベスト。
 
本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました m(_ _)m

オススメの記事