SEO狙いで見出しタグ(h1 h2 h3…)にはキーワードを含めよう!

SEO狙いで見出しタグ(h1 h2 h3…)にはキーワードを含めよう!

ブログで記事を書くときに欠かせないのが「見出しタグ」です。

この見出しタグを付けることで、記事にメリハリが生まれ読みやすくなるだけではなくSEO効果にも期待できます。

今回は、見出しタグのルールや重要性などについて書いていきます。

advertisement

見出しタグとは?

 

まさに↑にある「見出しタグとは?」部分のことです (笑)

エディタ内にある「hタグ」を使うことで、文字が大きくなって装飾されているのが特徴。

こうすることで、ユーザーが読みやすい記事になるだけではなく、Googleの検索エンジンにも記事内容を伝える効果があります。

たまに見出しを使わずに、活字の文章だけが並んだ記事を見かけますが、ぶっちゃけ読みにくいわけで(笑)

記事を読みやすくして、SEO効果を高めるためには見出しタグは必須と言えます。

 

見出しタグにはSEO効果も!

 

先にも少し書きましたが、見出しタグには検索エンジンに記事内容を正確に伝える効果もあります。

検索エンジンに内容が伝わるということは、インデックスがより素早くされて検索結果に表示されやすいということ。

なので、見出しタグにはメインキーワードをしっかりと含めることがポイント。

記事のタイトルにメインキーワードを含めることは基本的なことです。

それと同じように、見出しタグにもメインキーワードや関連するキーワードを含めることも非常に重要。

 

見出しタグのルール

 

見出しタグには種類があります。

「h1>h2>h3>h4>h5>h6」

↑のように1~6までの数字があり、「h1」が1番大きな見出しタグになっています。

「h1」の見出しタグは1つの記事に対して1回のみで、それ以外のものは何回でも使用可能。

基本的に「h1」タグは、記事のタイトル部分に使われています。

なので、記事の本文中で実際に使うことになるのは「h2」〜「h6」の見出しタグまで。

見出しタグを使う順番は、2→3、3→4のように小さい数字から使っていくことが基本ルールです。

advertisement

見出しタグの効果的なテクニック

 

目次を意識

WordPressのプラグインや使っているテーマによっては、記事に「目次」を表示させることができます。

この目次の項目として表示されるのも見出しタグの部分。

なので、目次を見ただけでその内容が伝わるような見出しタグにするのがベストだと言えます。

 

短く表現

見出しタグは長い文章にはしないで、なるべく短くするのが効果的。

名詞で終わるような見出しタグにすることで、ユーザーの目にも留まりやすくなります。

例をあげると・・・

「なぜ見出しタグにはSEO効果があるのか?」
「見出しタグがSEO対策になる理由」

似ている文章ですが、後者の方が説得力のある印象で文字数も少なめ。

このように、記事を流し読みするユーザーにも内容が伝わるくらいの、短くて具体的な見出しタグにするのが効果的です。

 

まとめ

今回は、見出しタグについて書いてきたのにも関わらず「h2」と「h3」タグしか使っていません (笑)

なるべく細かく見出しタグをつけた方がベストですが、無理に細かく付けすぎても逆効果になってしまいます。

あくまでもユーザーの読みやすさを考慮しながら、見やすい見出しタグを活用していくことが大切です。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^