記事タイトルを先に決めた方がベストな例とは?

記事タイトルを先に決めた方がベストな例とは?

こんにちは、ヨースケ(@YoSK8)です。

記事タイトルを決めるのは、記事を書く前がいいのかそれとも書き終えてからか?

僕の場合は、記事タイトルは記事を書いたあとに決めています。

でも、アフィリ系の記事を書く場合などは、先にタイトルを決めてしまった方がいい例もあるようです。

今回は、記事タイトルを先に決める理由などについて書いていきます。

advertisement

記事タイトルを先に決める理由は?

 

記事タイトルを決めると言っても、最初はざっくりとした「仮タイトル」だけです。

そして、タイトルの最終調整をするのは記事を書き終えてから。

なぜなら、タイトルによって記事の内容が大きく変わってしまうことがあるからです。

例えば、「◯◯ 効果」という2つのキーワードで記事を書いていく場合に、↓の2つのタイトルを考えたとします。

「◯◯は効果あり!2ヶ月でこんなに毛が生えた!」
「◯◯は効果ない?2ヶ月試してもウブ毛だけ!」

このように、同じ2つのキーワードを使って記事を書いたとしても、全く違う内容の記事になってしまうこともあるわけで。

タイトルは記事内容の「構成」を決めるための基本的な部分でもあります。

なので、途中で記事内容が別物にならないためにも、タイトルは先に決めておいた方がベストだと言えます。

そして、最初に決めるのはあくまでも
「仮」のタイトルです。

最初から完璧なタイトルを決めようとするとそれだけで時間を浪費しがち (笑)

記事を書くモチベーションが失われてしまうので要注意です。

advertisement

同じ記事タイトルのライバルサイトは要チェック!

 

記事タイトルを決めるときは
「ライバルサイト」のチェックをすることも重要。

この確認をしなければ、記事内容がかぶってしまうこともあるので、Googleから重複コンテンツと判断されてしまう恐れもあります。

そういったサイトが評価されることはないので、検索で上位表示されることはほとんどありません。

例えば、

「〇〇 効果」

という2つのキーワードを使って、
「〇〇は効果がある!」という記事をライバルサイトが書いていたとします。

ここで自分も同じように
「〇〇は効果がある!」という記事を書いてしまったら、ライバルサイトと競り合うことは必至。

ライバルサイトは1つだけとは限らないので、その数が多いほど競合率は高くなってしまいます。

でもここで「〇〇は効果がない!」という記事を書くことで、ライバルサイトと差別化することも可能に。

検索結果に並んだ記事ページの中で、他とは少し違ったタイトルを見つけると少し気になったりするものです。

そうなれば、自分のサイトにアクセスしてもらえる可能性も増えてくるというわけ。

なので、自分のサイトとライバルサイトの差別化をすることはとても大切なポイントと言えます。

 

まとめ

今回は、記事タイトルは最初に決めた方がベストな例について書いてきました。

サクッとまとめると、まず最初にざっくりとした仮タイトルを決めてしまう。

それからライバルサイトのチェックをして、競合率が高そうであればキーワードはそのままで、少し異なる記事タイトルに変えて差別化する。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^