ブログ記事の文字数は500文字でもSEOには関係ない!?

ブログ記事の文字数は500文字でもSEOには関係ない!?

どうも、ブログ倦怠期に突入してしまったヨースケ(@YoSK8)です (笑)

ブログを3ヶ月やってきて思ったのが、読むときも書くときも「500文字」くらいの記事が個人的にはちょうどいいかも?ってこと。

あまりにも長文すぎる記事は、よっぽど興味のある内容でもない限り誰もがサーッと流し読みしてしまうと思います。

ぶっちゃけ僕も、一語一句キッチリ読んでいるブログってほとんどないかもしれません。

advertisement

500文字でもSEOには関係ない?

 

巷では1つの記事に最低限1,000〜1,500文字以上は必要と言われていますが、ぶっちゃけ文字数とSEOはそこまで関係ないのかな?とも最近は思います。

実際に僕が書いた500文字程度の記事でも、検索上位に表示されてちょいちょいアクセスがあったりするものも。

もちろん、キーワードやドメインなどの要素も影響してくるとは思いますが、それでも文字数は他サイトの記事よりもかなり少なめ。

とはいえ、あまり役に立たないような個人的な日記ブログなどではダメなわけで。

ユーザーの「為」になる内容であるかどうか?が大切なポイントと。

ちなみに今回の記事も500文字くらいを意識して書いていますが、誰かの「為」になるかは微妙なところ (笑)

そして文字数少なめの地味な記事ですが、アドセンス広告だけはキッチリ貼り付けています (笑)

Advertisement

ブログに飽きたら500文字くらいの記事を書くのがベスト笑

 

先にも書きましたが、これまで何とか3ヶ月間ブログをやってきたものの最近になってブログ倦怠期に突入してしまいました (笑)

ぶっちゃけ今は、少し長めの記事を書くのが非常に面倒くさい状態。

とはいえ、このままブログをフェードアウトするにはまだまだ早すぎます。

なので、例え文字数は少なくても記事だけは更新していこうと思ったわけで。

500文字くらいのコンパクトな内容でも、誰かの役に立つ「為」になる記事を書くことは全然可能だとも思うし。

ってことで、この記事も500文字を超えてきたのでこの辺でドロンすると致します (笑)

 

 

まとめ

今回は文字数を気にしすぎて記事が書けなくなった人や、僕と同じようにブログ倦怠期に突入した人に向けて、500文字くらいの記事でも誰かの為になればいいじゃん!って話でした。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^