ブログの記事は500文字でもSEOに関係ない?短くても書き続けることが大切!

ブログの記事は500文字でもSEOに関係ない?短くても書き続けることが大切!

ブログを3ヶ月やってきて思ったのが、読むときも書くときも500文字くらいの記事が個人的にはちょうどいいかも?ってことです。

長文すぎる記事だと、よっぽど興味のある内容でもなければ誰もが流し読みするのが基本だと思います。

実際に僕も、一語一句しっかり読んでいるブログってほとんどないかもしれません。

巷では1つの記事に1,000〜1,500文字以上は必要などといわれたりもしますが、ぶっちゃけSEOと文字数はそこまで関係ないと思います。

僕が書いた500文字くらいのうす〜い記事でも、普通に上位表示されたりもしてるわけで。

とはいえ、個人のどうでもいい日記ブログなどではなくて、ほんの少しでも訪問ユーザーの「ため」になる内容であることが大切だとは思いますが。

そして今回の記事は、見出しも全く稼げないアドセンス広告(記事上・記事中)も排除してシンプルに文章だけを書いてみました。

挿入画像もありません。

先にも書いたとおり、これまで3ヶ月間ブログを運営してきましたが見事にブログ倦怠期に突入してしまいました (笑)

なので現在は、長文の記事を書くのが余計に面倒くさい状態に陥っています。

でも、ここでブログまで辞めてしまうにはまだまだ早すぎるので、とりあえず文字数が少なくとも記事だけは更新していこうと思ったわけです。

例え500文字くらいのコンパクトな内容でも、「ため」になる記事を書くことは全然可能だと思いますし。

そんなこんなでちょうど500文字くらいになりました。

今回は、文字数を気にしすぎて記事が書けない人や、同じようにブログ倦怠期に突入した人に向けて500文字くらいの記事でもいいじゃん!って話でした。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^