AMPの実装・導入は初心者にはデメリットしかない!?

AMPの実装・導入は初心者にはデメリットしかない!?

こんにちは、本当はAMPを実装したいヨースケ(@YoSK8)です。

このブログは開設してまだ2ヶ月足らずで、アクセス数や収益は目くそ鼻くその状態ですが弱小なりに楽しんでいます (笑)

試しにエゴサーチしてみると、中には検索上位に表示されている記事などがあり、わずかな成長を感じたりもしているわけで。

そんなときに気付いたのが、URLに「⚡️」マークが付いているということ。

 

この「⚡️」マークこそが「AMP」仕様である証です。

AMPという単語はちょいちょい目にしていたものの、正直かすった程度の知識しかありませんでした。

そんな僕でしたが、知らず内に使用中のテーマをAMP仕様に変更していたみたいで、その結果「⚡️」が表示されていたというわけ。

そのまま放置しようとも思いましたが、AMPに対応させなければアドセンス広告が表示されなくなるとのこと。

なので、急遽元の状態に戻しました (笑)

advertisement

AMPとは?

 

そもそもAMPって何やねん?って感じですが、

「アト回しすると・マジで・パニクる」

の略ではありません (笑)

「Accelerated Mobile Pages」の略で、2015年10月にGoogleとTwitterが協同して立ち上げたプロジェクトです。

このプロジェクトは、スマホやタブレットなどのモバイル端末でのウェブページを高速表示させるもの。

AMPを実装すると、モバイルページの表示速度が約4倍、データ量が約1/10になると言われています。

そして、SEOで有利になる「可能性」があるとの噂も・・・。

 

AMPのデメリットとは?

 

表示速度が速くなってデータ量が軽減されるのは快適なことだし嬉しいこと。

SEOに影響する可能性もあるので、今後は AMPに対応していくことが必須になるのかもしれません。

でも、今のところこのAMPには、個人的なデメリットが多すぎて導入する気にはどうもなれないわけで。

 

アドセンス広告が表示されない

 

まず、個人的にはこれが1番問題。

もちろん、AMP対応のページでもアドセンス広告を表示させることは可能ですが、AMP仕様のアドセンスコードに変える必要があります。

僕は現在、アドセンス広告の貼り付けには「WP QUADS」というプラグインを使用しています。

このプラグインは、AMP仕様にするためには有料版にアップグレードしなければいけないとのこと。

収益ゼロのブロガーが、こんなことに課金する気にはなれません (笑)

とはいえ、このプラグインはとても使い勝手が良く、今のところは他のものに変える気もないわけで。

ということで、AMPの実装は断念しました。

こういった手間と時間を使わなければいけないところが、AMPのクソ面倒くさいデメリットだと思います。

 

サーチコンソールのエラー表示が多くなる

 

これは個人差があると思いますが、サーチコンソールにAMPに関するエラー表示がされることがちょいちょいありました。

AMPに対応するには、記事ページにそれなりの完璧さが求められるので、場合によっては使用しているプラグインの設定を変える必要もあります。

ほとんどの場合、このエラーは大した問題ではないようですが、初心者の僕にはこれらの案件にスムーズに対応する知識も経験もないわけで。

なので今現在は、そのエラーに関しては絶賛放置中です (笑)

advertisement

ブログサイトのデザインが壊滅する

 

AMPに対応したページは、文字だけのかなりシンプルで地味な記事になってしまいます。

試しに、WordPressをAMPに対応させるという「AMP」というプラグインをインストールしてみました。

その直後、いくつかの記事が文字だけの地味なページ表示になるという悲劇が (笑)

見出しや文字装飾などもなくなるので、あまりに物足りない記事へと生まれ変わりました。

ということで、「AMP」は即アンインストール (笑)

個人的には、デザインを楽しむのもブログ運営の醍醐味の1つだと思っているので、このAMPによる変化はぶっちゃけ厳しいところ。

 

ユーザーの直帰率が高くなる

 

AMPを実装するとサイトデザインの壊滅だけでなく、ブログ内の関連記事を表示させるような仕組みも使えなくなります。

ユーザーに関連記事を読んでもらえるチャンスがなくなり、1つの記事だけで離脱される可能性がグンと高くなるわけで。

良質なコンテンツが盛りだくさんのブログにとっては、直帰率が高くなることは深刻な問題だと思います。

 

まとめ

AMP自体は素晴らしいものだと思うし、今後はサイトの基本的な仕様になっていくのかもしれません。

なので、僕はいち早くAMPに対応させた、1歩先行く弱小ブログを目指そうともしたわけで (笑)

でもAMPについて色々と調べていく内に、手間とデメリットしか感じられなくなってしまいました。

今はしばらく様子を見てから、AMPの仕様がもう少し改善されてから対応しようかなと思っています。

ただ、個人的にあの「⚡️」マークは結構好きなので、早くAMPに対応させたいと思っている自分もいたりします (笑)

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^