All in One SEO Packの設定方法と手順を解説!

【新色登場!限定キャンペーン開催中!】

 

 

 

 

 

WordPressでブログサイトを運営する場合、SEO設定を簡単にしてくれるのが
「All in One SEO Pack」というプラグインです。

設定する項目はかなり多めですが、手順通りに進めていけば以外とあっさり簡単に終わるはず。

サイト内部のSEO対策にも必ず役立つので、早めに設定しておくのがベストかもしれません。

それではさっそく解説していきます。


All in One SEO Packの設定方法と手順

プラグインをインストールして有効化

ワードプレスの管理画面の「プラグイン」「新規追加」をクリック。


 
↓のように「All in One SEO Pack」と入力し検索します。

同じような名前のプラグインがあるので間違えないよう注意して「今すぐインストール」をクリック、「有効化」します。


 
これでインストールは完了。

一般設定

管理画面にある「All in One SEO Pack」「一般設定」をクリック。


 
設定画面に移動して、一般設定の項目に↓のようにチェックを入力していきます。


Canonical URL→ 違うURLで同じコンテンツがあった場合、Googleからマイナス評価を受けてしまうのでそれを回避できます。

ページネイションをCanonical URLにしない→ ページネイションとは、1つのコンテンツを複数のページに分けることです。

元のタイトルを利用→ 他のプラグインで設定するときはここにチェックを入力します。基本的に「無効」でもOK。

Schema.org マークアップを使用→ クローラーがサイトページ内を解析しやすいようにします。

ホームページ設定

次にホームページ設定です。

ここで設定した内容が検索エンジンの検索表示されるようになります。

ホームタイトル→ ブログのタイトルを入力。

ホームディスクリプション→ ブログの説明分を入力します。自由に入力してOK。

ホームキーワード→ ブログジャンルに関連したキーワードを入力。特に上位表示を狙いたいキーワードを入力します。キーワードが複数ある場合は「, 」(コンマ)で区切ります。

代わりに固定フロントページを利用する→ 基本的に「無効」でもOK。

タイトル設定

ここは検索結果に表示されるタイトルを設定するための項目です。

この項目はGoogleが調整して表示してくれるようになったので、1番上の「タイトルを置き換える」を無効にするだけでOK。

カスタム投稿タイプ設定

次に「カスタム投稿タイプ設定」を入力していきます。


カスタム投稿用のSEO→ 記事毎に個別のSEO設定ができるようになります。有効がオススメ。

SEOを行う投稿タイプ→ SEO設定を他のページでも設定したい場合は複数のチェックを入力します。基本的には「投稿」と「固定ページ」だけチェックすればOKです。

詳細設定を有効化→ Googleがタイトルを調整して表示してくれているので、「無効」にチェックを入力します。

表示設定


カスタム投稿タイプの列→「投稿」と「固定ページ」にチェックを入力。

ウェブマスター認証


Googleウェブマスターツール→ ウェブマスターツール(現在のサーチコンソール)に登録するときは、サイト認証に必要な「メタタグ」をここに貼り付けます。

Google設定


Google+デフォルトプロフィール→ Google+のアカウントページのURLを入力すると関連付けることができます。

Google+プロフィールを無効化→ Google+のプロフィール画像を検索結果に表示させたくない場合はチェックを入力。

サイトリンク検索ボックス→ サイト名下の検索ボックスの表示設定です。必ず表示されるとも限りませんがチェックを入力。

GoogleアナリティクスID→ ウェブマスターツール(現在のサーチコンソール)の「メタタグ」と同様、アナリティクスの登録が簡単になります。

アナリティクスについては↓の記事を参考にしてみてください。
[blogcard url="https://yosk8.com/google-analytics-tracking-code-syutoku/"]

noindex設定

「noindex」とは検索エンジンに登録させないことで、不要なページをnoindexにすることでSEO的にプラスの効果があります。


ブログの投稿記事以外は、検索エンジンにインデックスさせる必要はほぼありません。

なので↑の画像の赤枠部分全てにチェックを入力します。

これで記事や固定ページ以外は検索エンジンに表示されなくなり、記事だけが表示されるようになります。

詳細設定


ディスクリプションを自動生成→ 検索結果で記事タイトルの下に説明文が表示される場合がありますが、その説明文が記事本文から自動的に取得されたものにできるのでチェックを入力します。

WordPressのテーマによっては自動生成されない場合がありますがチェックを入力。

ページ区切り付きページの説明を削除→ ページ送りがある記事の、2ページ目以降からディスクリプションタグを削除します。

キーワード設定


キーワードを使用→ 今現在は検索エンジンとメタキーワードは検索順位には関係ないので「無効」にチェックを入力。

以上で「All in One SEO Pack」のクソ長い設定は完了です (笑)


まとめ

設定項目が多すぎてよくわからない部分もあると思いますが、とりあえずは設定通りにチェックを入力しておけば問題ありません。

これの設定で、内部SEOの対策はかなり整った状態になったと思います。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^

 

【新色登場!限定キャンペーン開催中!】