アドセンスのリンク広告(リンクユニット)を設置すれば初心者でも稼げるようになる!?

アドセンスのリンク広告(リンクユニット)を設置すれば初心者でも稼げるようになる!?

ブログにアドセンス広告を貼り付けてはいるものの収益がほとんど発生しない・・・。

そんなとき、貼る場所や広告タイプを変えてみたりといろいろな対策を模索するかと思います。

そこで試してみる価値があるのが、巷でアドセンスの収益アップが期待できるといわれているリンク広告(リンクユニット)です。

 

スポンサーリンク

リンク広告(リンクユニット)とは?

 

リンク広告(リンクユニット)とは、↓のような検索キーワードがいくつか表示されるタイプの広告のことです。

 

このリンク広告にはデメリットが1つだけあります。

それは、1度クリックされただけでは報酬が発生しないという点です。

訪問ユーザーがリンク広告に表示されているいずれかのキーワードをクリック。

そこからさらに、表示されたGoogleの検索結果の中のいずれかをクリックされて、そこで初めて報酬が発生するという仕組みになっています。

 

リンク広告に効果があるのはなぜ?

 

他の広告タイプと違って2度のクリックで報酬が発生するリンク広告ですが、効果があるといわれているのはなぜなのか?

その1番の理由としては「いかにも広告!」って感じがしないところかもしれません。

実際に僕も、広告だと気付かずにクリックして先に進んでいったことが何度かあります (笑)

それくらい自然と記事に溶けこんだ印象の広告だと思います。

そしてリンク広告に表示されるキーワードは、その記事に関連性の高いキーワードや、ユーザーのネット履歴に沿ったキーワードがストレートに表示されるようになっています。

なので、情報を求めているユーザーが自然とクリックしてしまいやすい広告だともいえます。

 

スポンサーリンク

リンク広告の作成手順

リンク広告の作成は簡単です。

Googleアドセンスにログイン後、サイドメニューから「広告の設定」→「広告ユニット」をクリック。

 

「新しい広告」→「テキスト広告とディスプレイ広告」の選択をクリック。

 

自分でわかりやすい「名前」をつけてから、「表示中」から「リンク広告」選択してクリック。

そしてオススメの広告サイズは「レスポンシブ」です。

 

保存して広告コードを取得すれば、あとは広告コードをブログの任意の場所に貼り付けるだけです。

 

まとめ

僕も最近このリンク広告を導入してみましたが、今後の収益アップに期待しています (笑)

今現在、アドセンスの収益に伸び悩んでいる人も試してみてはどうでしょうか?

アドセンスのオススメ広告サイズや配置場所については、↓の記事を参考にしてみてください。

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^