アドセンス広告を間違えて自分で誤クリックしたときの対処方法は?

アドセンス広告を間違えて自分で誤クリックしたときの対処方法は?

クリックするだけで簡単に収益が発生する Googleアドセンスですが、当然、自分で故意にクリックすることは禁止されています。

僕はアドセンスデビューした当初、広告を確認するために自分でクリックしたことが何度かあったりもしました (笑)

そのときは特に問題ありませんでしたが・・・。

でも、自分の記事の確認時など、とくにスマホだと指が滑って誤クリックしてしまうこともあると思います。

今回は、そんな「自己誤クリック」について書いていきます。

 

スポンサーリンク

自分でクリックは違反!

 

Googleアドセンスの公式ヘルプには・・・

Google ではご自身のサイトでの広告のクリックを除外していますが、完全には除外しきれません。サイト運営者様がサイトでの収益や広告主様の費用を増やすためにご自身のサイトで自ら広告をクリックしていると判断された場合は、広告主様を保護するためにアカウントを無効にさせていただく場合があります。

と、あります。

最悪の場合、故意に自分のアドセンス広告をクリックしていると判断されて、アカウントが無効になる場合もあります。

IPアドレスはチェックされているので、サイト運営者と同じIPアドレスからのクリックはすぐにバレてしまいます。

広告が全くクリックされないと、自分でクリックしたくなる気持ちは痛いほどわかります (笑)

でも、自分でクリックしたところで収益は発生しませんし、最悪アドセンス自体が使えなくなってしまいます。

なので、故意の自己クリックはダメ絶対!

 

スポンサーリンク

誤クリックも違反?

 

でも、故意じゃなくても、ちょっとしたミスで「自己クリック事故」が起きることもあると思います (笑)

そんな、「誤クリック」をしてしまったときはどう対処すればいいのか?

アドセンスの公式ヘルプによると・・・

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

と、あります。

ネット上では、たとえ誤クリックの場合でも、Google に「報告をしなければならない」といった情報をたまに見かけます。

でも実際には、Google に報告する必要はないみたいです。

なので、これといった対処を特別する必要もありません。

ちょっとだけ反省しましょう (笑)

Google のプログラムが、自動的に同一IPアドレスからのクリックを感知して、そのクリックを無効化する仕組みになっています。

つまり、故意に自己クリックの連打でもしない限りは、アカウントが停止されるようなこともありません。

誰にでも起こりうる「うっかりクリック」であれば、あの厳しくて有名な Google先生も大目に見てくれるみたいです (笑)

 

まとめ

アドセンス広告の自己クリックについて書いてきました。

まとめると、故意の「連打自己クリック」は違反で最悪アカウント無効にもなりうる。

数回程度のうっかり「誤クリック」であれば、Google に報告する必要もなくとくに問題もない。

 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^