こんにちは、ヨースケ(@YoSK8)です。

このブログは開設してからまだ2ヶ月ほどでしたが早くも届いてしまいました。

恐怖の「Googleポリシー違反レポート」のメールが・・・(笑)

少し前に電子タバコiQOSglo についてのレビュー記事を書いたのですが、どうやらそれが違反ページの対象となってしまったみたいです。

 

アドセンス広告はタバコ系の販売はNG!


アルコールやタバコの記事がアドセンス的にNGなのは知っていましたが、電子タバコもダメだったとは…完全に僕の知識不足です(笑)

AdSenseプログラムポリシーをチェックしてみるとこう書いてありました。

次のようなコンテンツを含む、またはそうしたコンテンツにリンクするサイトに Google 広告を表示することはできません。
・タバコやタバコ関連商品の販売

 
これを読む限り「販売」するのはダメということ。

なので、タバコそのものを売ったりタバコ関連商品(電子タバコ・葉巻・パイプなど)を売ることがNGのようです。

以前書いた記事ではちゃっかりとアフィリエイトしていました (笑)

とはいえ収益はゼロでしたが・・・(笑)

アドセンス広告が使えるタバコネタの境界線は?


それじゃあ、タバコ(電子タバコ)に関するネタはどこまで記事にしていいのか?

禁煙方法を紹介するブログで、タバコの害などについてであれば記事に書いてもいいのか?ってことです。

この辺りの境界線が微妙だったので、さらにAdsenseプログラムポリシーをチェックしてみたわけで。

すると、タバコに関して「許可される事例」と「許可されない事例」がありました。

許可される
禁煙に関する情報サイト
タバコ関連商品を販売しない情報提供サイト
許可されない
タバコ関連商品(葉巻、巻きタバコ、電子タバコ、噛みタバコ、巻紙など)を主に販売するサイト

 
タバコやタバコ関連商品を販売せずに、禁煙などの情報を記事にするのであれば
「タバコ」というキーワードを使っても特に問題ないようです。

なのでタバコネタの境界線としては、タバコを好意的に扱った記事がNGってこと。

オススメの美味しいタバコ!
電子タバコの新しいフレーバー!
電子タバコを安く買う方法!

↑のように、直接販売はしていなくてもタバコを紹介したり、タバコ関連商品を推奨するような内容の記事を書くのが違反となるようです。

まとめ

ちなみにタバコ以外にも、暴力・アダルト・ギャンブルなどに関連した記事もNG。

違反を受けたまま放置すると、アカウントを凍結されることもあるので注意が必要です。

 
本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^

オススメの記事