アドセンス広告はIQOSやgloなどの電子タバコの記事もポリシー違反!


アイコスでも吸えます!定期購入で割引!

 

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

当ブログは開設してまだ2ヶ月ほどでしたが、恐怖の「Googleポリシー違反レポート」メールが早くも届いてしまいました (笑)

少し前に加熱式電子タバコ「IQOS(アイコス」「glo(グロー)」のレビュー記事を書きましたが、どうやらそれが違反ページの対象となってしまったみたいです。


アドセンス広告はタバコ系の販売はNG!


アルコールやタバコの記事がアドセンス的に NG なのは知っていましたが、加熱式電子タバコも違反だったとは・・・完全に僕の知識不足です (笑)

アドセンスプログラムポリシーをチェックしてみるとこう書いてありました。

次のようなコンテンツを含む、またはそうしたコンテンツにリンクするサイトに Google 広告を表示することはできません。
・タバコやタバコ関連商品の販売

 
これを読む限り、記事内でタバコやタバコ関連商品を「販売」するのは違反ということです。

タバコそのものやタバコ関連商品(電子タバコ・葉巻・パイプなど)を販売することが NG 。

僕が以前書いた加熱式タバコネタの記事では、アフィリエイトのリンクを設置して関連商品を販売していました。

とはいえ、収益はゼロでしたが・・・ (笑)


アドセンス広告が使えるタバコネタの境界線は?


それじゃあ、タバコ(電子タバコ)に関するネタはどこまで記事にしていいのか?

禁煙方法を紹介するようなブログで、タバコの害についてであれば記事に書いてもいいのか?ということです。

この辺りの境界線が微妙だったので、アドセンスプログラムポリシーをさらにチェックしてみると、タバコに関して「許可される事例」と「許可されない事例」がありました。

許可される
禁煙に関する情報サイト
タバコ関連商品を販売しない情報提供サイト
許可されない
タバコ関連商品(葉巻、巻きタバコ、電子タバコ、噛みタバコ、巻紙など)を主に販売するサイト

 
タバコやタバコ関連商品を販売せずに、禁煙などの情報を記事にする場合は「タバコ」というキーワードを使っても特に問題はないとのこと。

なのでタバコネタの境界線としては、タバコを好意的に扱った記事は NG で、禁煙などタバコの害についての情報を扱った記事であれば OK ということになります。

例えば、

  • オススメの美味しいタバコ!
  • 加熱式電子タバコの新しいフレーバー!
  • 加熱式電子タバコを安く買う方法!

のように直接販売はしていなくても、タバコやタバコ関連商品を紹介・推奨するような内容の記事を書いてしまうと、アドセンスのポリシー違反になるので注意が必要です。


まとめ

アドセンス広告はタバコ以外にも、「暴力」「アダルト」「ギャンブル」などに関連した記事も NG になっています。

ポリシー違反を放置したままにすると、アドセンスのアカウントが凍結されることもあるので、ポリシー違反に該当するような記事は広告を「非表示」に設定する必要があります。

 
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^

created by Rinker
¥1,628 (2019/11/18 00:31:45時点 Amazon調べ-詳細)

超高濃度60%のCBDが登場!

アイコスでも吸えます!定期購入で割引!