アドセンス広告は IQOS や glo などの電子タバコの記事も違反!記事にできる境界線とは?

アドセンス広告は IQOS や glo などの電子タバコの記事も違反!記事にできる境界線とは?

まだ開設2ヵ月弱の弱小ブログでしたが、遂に届きました。

「Googleポリシー違反レポート」のメールが・・・ (笑)

以前、電子タバコの iQOSglo についての記事を書いたのですが、この記事が違反ページの対象となったみたいです。

 

スポンサーリンク

タバコ系の販売はNG!

 

アルコールやタバコについての記事が NG なのはなんとなく知っていましたが、電子タバコもダメなのは正直いって知識不足でした。

あらためて、AdSenseプログラムポリシーをチェックしてみるとこう書いてありました。

次のようなコンテンツを含む、またはそうしたコンテンツにリンクするサイトに Google 広告を表示することはできません。

・タバコやタバコ関連商品の販売

これを読む限り、「販売」するのはダメということだけです。

なので、タバコそのものを売ったり(アフィリエイトする)、タバコ関連商品(電子タバコ・葉巻・パイプなど)を売る(アフィリエイトする)ということが NG みたいです。

以前書いた記事ではしっかりアフィリエイトしちゃっていました (笑)

 

タバコネタの境界線

 

それじゃあ、タバコ(電子タバコ)に関するネタはどこまで記事にしていいのか?ってことです。

禁煙方法を紹介するブログで、タバコの害などについては記事に書いてもいいのか?

この辺りの境界線が微妙だったので、さらAdsenseプログラムポリシーをチェックしていくと、タバコに関して「許可される事例」と「許可されない事例」がありました。

許可される
禁煙に関する情報サイト
タバコ関連商品を販売しない情報提供サイト

許可されない
タバコ関連商品(葉巻、巻きタバコ、電子タバコ、噛みタバコ、巻紙など)を主に販売するサイト

タバコやタバコ関連商品を販売せずに、禁煙などの情報を記事にするのであれば、「タバコ」というワードを使ってもとくに問題ないみたいです。

なので、タバコネタのボーダーラインとしては、タバコを好意的に扱った記事はダメってことです。

オススメの美味しいタバコ!
電子タバコの新しいフレーバー!
電子タバコを安く買う方法!

↑のように直接販売はしなくても、タバコを紹介したり、タバコ関連商品を推奨するような内容の記事を書くのは違反ということです。

 

スポンサーリンク

結局、違反記事を削除

 

この違反指摘を受けた記事ページですが、アドセンス広告を非表示にすれば問題ないとのこと。

記事上と記事中の広告に関しては、自分で記事内のアドセンスコードを削除するだけでした。

ただ、記事下の広告に関しては使用中のテーマで直接設定していたので、ここを非表示に設定してしまうとサイト全ての記事下広告まで非表示になってしまいます。

なので、記事ページごとにアドセンス広告を非表示にできる方法を探してみました。

プラグインの「Advanced Custom Fields」などを使った方法がありましたが、コードの変更が必要とのこと。

過去に何度かトラブったので、コードに関してはかなりのトラウマがあります。

知識のない素人がコードをイジるとロクなことがありません (笑)

もっと簡単な方法を探してみましたが結局見つからず・・・。

個人的に、こういった対処方法などを探して時間を費やすのが本当に大嫌いです (笑)

これ以上あれこれ模索するのは面倒くさいし使用中のテーマを変える気もなかったので、結局その記事は削除することにしました。

 

まとめ

タバコ以外にも、暴力・アダルト・ギャンブルなどに関連した記事も NG です。

違反を受けたまま放置すると、アカウントを凍結されることもあるので要注意です。

結局アドセンス広告を停止にするのなら、そのまま放置しても問題ないようにしてくれればいいのにとも思いますが・・・。

それなら記事を削除しなくても済んだのに・・・(笑)

 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^