アドセンス収益が1円報酬ばかりになってしまう2つの原因とは?


アイコスでも吸えます!定期購入で割引!

 

 

 

 

 

アドセンスは1クリックの平均単価が
20円〜30円と、他のクリック型広告の報酬よりもやや高めに設定されています。

にも関わらず、収益画面に「1円」とだけ、実にシンプルに表示される場合があったりするわけで (笑)


 
これは一体どういうことなのか?

今回は、アドセンスの「1円報酬」の謎に迫っていきたいと思います (笑)


アドセンス広告のインプレッション収益


この「1円報酬」が発生する原因は大きく分けて2つあります。

まず1つめの原因は、アドセンスの「インプレッション収益(RPM)」というもの。

これは例え広告がクリックされていなくても、約1000PVにつき「1円」の報酬が発生するというものです。

多くのユーザーに広告を見てもらうだけでも報酬が発生することにはなりますが、ぶっちゃけその収益は雀の涙ほど (笑)

なので、広告がクリックされていないのに1円報酬が発生している場合は、このインプレッション収益の可能性が高いと言えます。


アドセンス広告の不正クリック


「1円報酬」になってしまう2つめの原因は、ズバリ「不正クリック」です。

不正クリックとは自分自身による「自己クリック」もそうですが、他人の嫌がらせ行為によるいわゆる「アドセンス狩り」のこと。

Googleは同じ端末(IP)からの複数回の広告クリックを確認した場合、広告報酬を無効
(1円)
にするシステムを導入しています。

なので、広告がクリックされているのに1円報酬になってしまう原因としては、

  • 故意の嫌がらせで何度も広告をクリックされた。
  • 複数回の誤クリックをされてしまった。

などといった可能性があります。

ちなみに、自分自身の「誤クリック」でも
1円報酬が発生する場合があるので要注意。


アドセンス広告用語


アドセンス広告には、

  • CPC→クリック1回あたりの単価
  • CTR→1PVのクリック率=クリック数÷PV
  • CPM→表示回数が1,000回あたりの単価
  • RPM→広告が1,000回表示されたときの収益額

などといった用語がありますが、覚えておいても損はありません。

残念ながらクリック単価を自分で自由に上げることはできませんが、クリック率を上げる工夫は誰にでもできます。

アドセンス広告のクリック率を上げる方法は↓の記事を参考にしてみてください。

まとめ

僕は「1円報酬」を初めて見たときは「弱小ブログはクリック単価が低いのかも?」と、わりと本気で思っていました (笑)

実際には大きく分けてこの2つが原因だったようです。

念のため、アドセンス狩り対策については↓の記事も参考にしてみてください。

 
本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^


超高濃度60%のCBDが登場!

アイコスでも吸えます!定期購入で割引!