アドセンスのクリック率を上げるオススメの広告サイズと配置場所とは??

アドセンスのクリック率を上げるオススメの広告サイズと配置場所とは??

Googleアドセンスの審査に合格して、やっと広告を使えるようになったものの全くクリックされない・・・。

とくに、それなりにアクセスが多いブログであれば非常にもったいないことです。

もしかすると、広告のサイズや配置場所を変えるだけで一気にクリック率が上がるかもしれません。

今回は、Googleアドセンスの効果的な広告サイズと配置場所について書いていきます。

オススメの広告ユニットは?

 

結論からいえば、1番のオススメの広告ユニットは「レスポンシブ」です。

PC は「レクタングル大」スマホだと「レクタングル中」がクリック率が高い広告サイズといわれていますが、これらのいいトコ取りなのがこのレスポンシブです。

レスポンシブは、ユーザーが使用しているデバイスの画面サイズに対応した広告を自動で表示してくれるため、1番簡単で効果が出やすい広告サイズとなっています。

ただ注意点が1つあります。

デフォルト設定のままだと「レクタングル」「横長バナー」「縦長バナー」のどれが表示されるかがわかりません。

そしてこのレスポンシブは、PC でブログを見た場合は横長のバナー広告になってしまうことがよくあります。

ですがご安心を (笑)

広告コードをほんの少し変えるだけで、この問題を簡単に解決することができます。

サイズの変更をするだけなので、アドセンスのポリシー違反にもなりません。

 

レスポンシブ広告のコード変更!

 

それじゃあ、コードのどこを変えればいいの?ってことですがさっそく説明していきます。

レスポンシブの広告コードを取得するとのようなコードになると思います。

このコードの7行目にある、
data-ad-format=”auto”></ins>
部分の「auto」「rectangle」に変更します。

これだけで、どのデバイスからブログを見ても、高いクリック率が期待できるレクタングルの広告サイズで表示されるようになります。

advertisement

広告の効果的な配置は?

広告を設置する場所ですが、

のような配置が PC・スマホ、どちらのユーザーにも高い効果を発揮する配置となっています。

まずは「最初の導入文(本文)の下」に設置します。

注意点としては、のように「記事タイトル」のすぐ下には広告を配置しないことがあります。

スマホで見たときにスクロールをしないと本文が見えない場所に広告を配置すると、アドセンスのポリシー違反になってしまいます。

なので必ず、記事の導入文(本文)の下に広告を配置するようにします。

次は「記事の真ん中」に設置します。

ここは、スクロールする際に生じる誤クリックや、画像と間違えて誤クリックすることが多いといわれる場所です。

記事に飽きたユーザーが、途中で離脱するにも丁度いい場所にもなっています。

ブログの管理人的には切ないことでもありますが (笑)

それでも高いクリック率が期待できるので、ちょうど記事の中間部分にバランスよく設置するのがオススメです。

最後は「記事の終わりに設置」します。

この場所は最もクリック率が高い場所で、誤クリックではなく意識的にクリックする人が大半なので非常に効果的な設置場所になります。

なので、ダブル広告で設置するとより効果的になると思います。

 

まとめ

・広告ユニットはレスポンシブがオススメ。

・広告コードを変更してレスポンシブをより効果的にする。

・広告の配置は、最初の見出し上・記事の中間・記事の終わりがベスト。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました m(_ _)m